nobuの日記D

広島発のカメラとの戯れを語る日記です。 元Nokia E90マイスター。Nikon沼 (D810 & Dfカスタム) と銀塩カメラ沼 (Nikon F2 Titan) にハマってます。

Desire Z(その16)---プレステ用のコントローラが使えた

プレステ3用のワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK3)を Android端末のBTゲームコントローラとして使えるようにするアプリ「Sixaxis Controller」がAndroidマーケットで販売開始されました。
“最新のHTC端末には使えないものもある”とされていましたが、旧型のDesire Z (root取得済) には使えました(^^

  1. Sixaxis Controller」の導入
    • Androidマーケットからを購入して Desire Zにインスコ
    • Desire ZのBluetotthをON
    • Sixaxis Controller」を起動。画面下に出るDesire ZのLocal Bluetooth Address (xx:xx:xx:xx:xx) をメモっておく
  2. DUALSHOCK3を Desire Zに紐付け
    • SixaxisPairTool」をコチラからDLして母艦PCにインスコ
    • DUALSHOCK3をUSBケーブルで母艦PCへ接続すると ドライバが勝手にインスコされる
    • SixaxisPairTool」を実行して 先ほどメモったDesire ZのLocal Bluetooth Addressを入力
    • (DUALSHOCK3とDesire Z間で 何時ものBTペアリング作業は不要。)
  3. DUALSHOCK3を Desire Zに接続
    • 具体的には 次の動画のとおりの手順です
      • 再びDesire Zで「Sixaxis Controller」を起動して “Start”ボタンをクリック
      • DUALSHOCK3のプレステマークのボタンを押すと BT経由でDesire Zに接続する
      • “Change Input Method”ボタンを押して “Sixaxis Controller”を選択すると DUALSHOCK3のボタン操作が Desire Zの画面上で有効になる
  4. ゲームエミュレータにDUALSHOCK3のボタンを割付け
    • 例えば 「FPse」ならば 「menu」-「Settings」-「INPUT」-「Hardware keys」から 各ボタンを割付ける

文章が長くて 面倒臭そうに見えますが、アプリのインスコさえ済ませれば ものの数分で作業完了します。
ペリプレにL2/R2のハードウェアボタンが付いていなかったために 思うとおりに遊べなかった(見上げる/見下ろすの動作ができなかった) 某シリーズが快適に遊べるようになりました(^^